無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
GDIホームページ利用設定
世界が認めたアフィリエイト在宅ビジネスGDI!

GDIユーザーガイダンス

ホスティングスペース利用方法の設定
ホームページを活用されたい方はここでまず利用方法を設定します。

簡単に作成したい方はテンプレートからワープロ感覚で
作成することができるSiteBuilderを使いましょう!
特にソフトウェアは必要ありません。
ウェブページで簡単に作成できます。

ご自身でホームページ作成ソフトを使って構築する場合は
BasicHostingを選択します。残念ながらCGI等は使えませんが
通常のHTMLならレンタルサーバーを借りたのと同じように
自由にホームページを作成することができます。

また、他にレンタルサーバーをご契約の方はGDIで取得したドメインを
そのレンタルサーバーへ転送させたり(Domain&EmailFowarding)
ドメインはそのままで、ご契約のレンタルサーバーでサイトを
構築したりすることも可能です。 (AdvancedUsersNameservers)

これらの設定を行うには、メンバーページにログインして、
左のメニューからDomainsという項目を選択します。

※クリックすると拡大表示されます

ここで「Change DNS」という項目を選択すると、
ホスティングタイプの設定が変更できます。

ホスティングタイプの変更と設定
「Change DNS」を選択すると次の画面になります。



Site Builder
ウェブサイトビルダーテンプレートを使って
ウェブサイトを構築します。

例) http://micah08.ws/  こちらは、GDIのSiteBuilderを使って作成した
  ホームページになります。

Domain and Email Forwarding
メールとドメインの自動転送機能を使います。

Basic Hosting
自分でFTPアプリケーションを使って.wsサイトを構築します。
これを選択するとFTPサーバーアドレス、ユーザーログイン、パスワード
ポートナンバーがws_support@wsdomains.ws より、メールにて送られてきます。

例) http://micah08.ws/ 
こちらは、Basic Hostingを使って作成した
ホームページになります。


Parking Service
サイト構築等やることを決めるまで、
とりあえずドメインをキープしておく機能
Advanced Users Nameservers
他のサーバーでこのドメインを使用するときに
ここでネームサーバーを指定します。
| micah | ├ GDIユーザーガイド | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |